FC2ブログ

みねやんの音楽と鉄活動日記

ベストタイミングか?

 前回公開した南北海道の紅葉めぐりの続きですが、桜もそうですが紅葉のベスト
タイミングなんていうのは、ほんと難しいですね。

夏の天候や秋に入っての冷え込み等色々な要素でかなりのずれ込みがあるようです。

今年の南北海道……やはりいつもより早かったみたい。

 大沼公園はすでに落葉状態で、支笏湖など内陸部はもう冬景色の様相を見せて
いました。

次回またチャンスがあれば北の大地の秋を満喫できるコースを巡ってみたいものです。


 
 前夜見学した、函館を代表する紅葉スポットの香雪園ですが、昼間見るとまた
感じが違っていいですね。






まさしく海と空へ一直線・・・ 

 真っ直ぐに函館湾に伸びた270mの一本道の眺めは壮観で、よくテレビや雑誌
でも取り上げられる八幡坂です。
 
 坂の上の元町は旧イギリス領時館など最初の開港地としての歴史を感じさせられる
建物群が残っています。


 数十年前に大阪から特急白鳥で青森に行き、深夜函館まで乗った摩周丸。
いあー会えてうれしかった。




 国定公園にも指定されてる大沼公園です。


 雲の中に隠れていた駒ヶ岳も帰る直前にやっと顔を見せてくれましたが、もう
少し青空が欲しいところです。

【撮影日:2017・10.30】
スポンサーサイト



リフレッシュパーク

 午後から天気もよく視界も気のせいか、いくらかよくなったようなのでちょっと
見頃を迎えてるはずの、リフレッシュパークの菜の花見物に出かけてみました。

 山陰本線の海俯瞰にするか迷ったのですが、昨日の飲み会の疲れもあり近場で
季節ものの花を相手してみました。

福岡市は開花宣言が出されたらしいですが、山口県の西部地方はまだみたい。

いずれにしてもあと10日もすれば桜も見頃でしょう。







 白木蓮でしょうか?
こぶしとの違いがよくわからないのですが・・・・





 チューリップはまだ四分咲きというところでしょうか?
蕾が多く見頃は来週でしょう。







 
 
 英国で育成されたアーコレードという桜です。

一輪のみ咲いていたのですが、花は大輪・半八重咲で淡紅色で4月の中旬からが
見頃ですが、日本では秋にも咲く二季咲となるらしい。

【撮影日:2017.3.27】

白梅とメジロ

 色々事情があって机のパソコンに向かってる姿勢が一番楽なもんで、これを機会
に過去の画像をいろいろ整理してます。

ご飯食べて、病院行って、暇があればテレビ見て、また寝る毎日の繰り返し・・・・

正直こんな生活はもう飽きた(爆)


 ということで、今までは風景や花を撮るのは好きだったもののブログに張り付けることはあまりしなかったのですが、ちょっとご紹介させていただきます。

早く鉄道写真をっと思ってるのですが、しつこく梅シリーズです。





 メジロだと思うのですが望遠レンズで狙ってみたものの、手持ちだったことも
あるんでしょうが、ピントがなかなかこなくてこれが結構難しい。

メジロもチョロチョロ動くしねー

やはりきっちり撮るには、三脚構えて気合入れなきゃ満足な一枚が撮れません。






ちょっと親子連れのお二人にも被写体になっていただきました。





すぐ近くでピンクの椿が咲いていたのでカシャカシャ・・・・



 お粗末な写真をご覧いただきありがとうございました。


【撮影日:2017.1.27】

毘沙ノ鼻

 1月の下旬、好天気に誘われちょっとカメラ持参のドライブ。
「本州最後の夕日が見える場所」で知られてる毘沙ノ鼻(びしゃのはな)ですが、わかりやすく言えば、本州最西の地です。

 下関市が予算を計上して周辺を整備した関係できれいなお立ち台もでき気楽に
出かけられるスポットになりました。


 本州四端の各岬は以下の場所になりますがこれら本州の東西南北すべての岬を
訪ねて証明書を手に入れる「本州先っぽ岬めぐり」が静かな盛り上がりを見せて
いるそうです。

 この日も目的はわかりませんが京都ナンバーの車が駐車してあり青年が見学に
来ていました。

 すべて踏破した方には本州四端踏破証明書と記念品がもらえるらしい。
挑戦しようと思う方や興味ある方はどうぞ。
http://http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/toppage/1001000000000/APM03000.html



以下本州四端の場所説明です。

本州四端にある岬

本州最東端 本州最西端 本州最南端 本州最北端
本州の一番東にある岬は、岩手県宮古市の魹ヶ崎(とどがさき)です。陸中海岸国立公園の一部で、岬には高さ33.72メートルの魹ヶ埼灯台があります。灯台は海上20海里を照らし、三陸沿岸最大の航路標識となっています。
本州の一番西にある岬は、山口県下関市の毘沙ノ鼻(びしゃのはな)です。本州で一番遅い夕暮れを見ることができる毘沙ノ鼻は、展望広場が整備され、気軽に立ち寄ることができます。
本州の一番南にある岬は、和歌山県串本町の潮岬(しおのみさき)です。紀伊半島の南端に位置する潮岬は、東京の八丈島とほぼ同緯度になります。周辺には「望楼の芝生」という約10万平方メートルの広大な草原が広がり、その美しい景観から年間を通じて多くの観光客が訪れています。
本州の一番北にある岬は、青森県大間町の大間崎(おおまざき)です。目の前に津軽海峡が広がり、三方を海に囲まれています。大間崎のある大間町は、マグロ漁でにぎわう港町です。







 展望台広場には「長門なる 沖つ借島(かりしま) 奥まへて 吾が思ふ君は 千歳にもがも」と詠まれた歌碑が建てられています。
ちなみにこの歌は万葉集に載ってるそうですが、いわれなど詳しいことは???


 展望デッキから目に飛び込むのが蓋井島(ふたおいしま)と響灘はやはり雄大さとなだらかさを兼ね備えた不思議な光景です。

 わずか人口100人あまりの小さな島ですが小学校もあり対岸の吉見(よしみ)漁港から渡船が出ています。


 ちょっと見づらいと思いますが、左端の半島は角島の通瀬岬(とうろせみさき)
です。
角島は東西南北それぞれの島の端に4つの岬がありますが南端に位置する岬ですね。


 細かなことですが、展望台は海抜120mという山の中に位置してる関係上少々
東側にずれています。
 こだわりを持つなら厳密な最西端は海沿いの岩の上で、そこにも石碑が建って
いますが一般の方の立ち入りには許可が必要なのでご注意を。

 仮に許可がもらえても険しい断崖の岩場に立っており、そこまで安全に到達する
ことは事実上困難と思われます。

 【撮影日:2017.1.26】

春の花

 今日は節分で明日は立春。
立春は冬至と春分の間の2月4日頃にあたるらしい・・・いわば春の初日かな。

つまり一応暦の上では明日からは、春に突入のようです。

プロ野球もキャンプインしたし今日もまさしく春のような陽気。

春の花といえば梅・桃・菜の花・さくら・・・

どれも好きだがなぜか菜の花が昔からお気に入り。


 「菜の花ばたけに入り日薄れ、見渡す山の端霞深し」
「春風そよ吹く空を見れば・・・」このおぼろ月夜の歌詞じゃないのだが
遠い昔というか自分のふるさとを、この花を見るとなぜか思い出させてくれます。








2月の代表バッターはやはり梅かな?







紅梅も悪くないな









 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

白いかもめ

Author:白いかもめ
SLと地元の山陰本線を中心に日本の
原風景を求めて、撮影を楽しんでいます。
最近は音楽活動(ギター)を始めました。
いろいろ工夫をしながら両立を
図っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
SLやまぐち号 (161)
国鉄型キハ等の仲間たち (18)
伯備線 (16)
その他 (29)
団臨・配給車 (59)
山陽本線・貨物列車 (124)
山陽本線・旅客列車 (5)
SLクリスマストレイン・稲成号 (9)
風景 (16)
日豊本線 (3)
鹿児島本線 (2)
山陰本線 (61)
美祢線 (120)
予讃線 (2)
呉線 (2)
北陸本線 (4)
東海道本線 (4)
岩徳線 (1)
岡見貨物 (2)
トップページ (51)
ご挨拶 (1)
日田英彦山線 (12)
木次線 (3)
小湊鉄道 (9)
私鉄・第三セクター (1)
トワイライト瑞風 (8)
久大本線 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん