FC2ブログ

みねやんの音楽と鉄活動日記

スピードにのった軽やかなSL

 仁保地峠での撮影後すばやく撤収。長門峡を通過し目指すは、渡川駅から
約500m徳佐寄りの踏切付近
 
 重連の時もここで撮りたかったのですが、「入る余地なしでパス。
本日は誰一人来られず独占でした。
渡川駅を通過して、左に大きくカーブして近づいてくるSLやまぐち。
軽やかな姿をとらえられました。
 

 煙は期待できないけれど、スピードに乗ったSLの勇姿が編成できれいに撮れますね。平坦な区間ですが、山の緑とよくマッチしてますね。
線路左側に並ぶ木の電柱がなんとも風情を感じます。
 

 2010.10.23      9521レ       渡川~三谷
スポンサーサイト



嵐が過ぎ去った山口線

 2週間の山口線における、お祭りも終わり、個人的にはなぜかほっとしてます。
 
 静かにじっくりとSL撮影をしようと、今週も出かけたところが、仁保地峠。
重連の時と違いゆっくり」自宅を出て、撮影ポイント到着。予想どうり誰もおられません。結局2人のみでちょっと拍子抜けの感じです。
 
 定刻に姿を見せたC57。「期待してますよ」の願いもむなしく、見事な「スカ」、
煙がすべてでは、ないもののちょっと残念。
これもいろいろな表情を見せるSLの「生き物」たる証しなのかも。
近いうちリベンジしなくては・・・・・・・・。
 

 先週までの疲れ?が残っているのか、薄くかつ少量の煙のまま姿を
見せる、C57-1号機。
 

 おなじみの空転はするものの、煙は結局「スカスカ」で通過。
次の機会に期待しましょう。
 

         2010.10.23     9521レ      宮野~仁保 
 
 三脚固定から、手持ちに持ちかえること、数秒。すぐに手持ちでファインダーを
のぞき、すぐにシャッターオン。
構図やバランスなど考えてるヒマはありません。
カメラが2台あればこんな面倒なことをしなくてもよいのですが、予算が・・・・・・・。

秋の大騒動=インやまぐち最終章

 いよいよSL重連も最終日。
 
 残念ながらどうしても抜けられない所要で、本日の撮影はあきらめていました。
しかし予定外に早く自由な身となりそれならばと、迷わず山口線へ。
出遅れ感からあせる気持ちを抑えながらとりあえず、徳佐を目指しました。
 
 長門峡を通過時、人出の多さをあらためて実感。
徳佐に行ってもいい場所には、今さら入れそうにもありません。
それならば煙はまったく期待できませんが、名草のカーブで勝負。
 見通しのよいカーブを高速で走り抜けてゆくSL
これもまた絵になります。(煙があった方がいいのは本音)
 

       2010.10.17     9521レ       名草~地福
 
 午後は最後はここと健康にはいいですがちょっときついですねー。撮れました。

機関車を含め3両しか陽があたりませんでした。
15時頃までは大丈夫だったのですがねー。
 

      2010.10.17    9522レ      津和野~船平山
 
上り列車ではプッシュプルとして活躍したC56 160
煙を精一杯吐きながら最後の奮闘です。
 このC56160号、今月下旬に梅小路に帰り、11月7日からは「SL北びわこ号」
として湖北を走ります。
忙しいことですが頑張って欲しいものです。
 

クリスマス・正月にはまた会えるのでしょうか?
 
 結局今回の重連運転。5日間のうち3日ほど山口線出勤となりました。
楽しいSL撮影が体験できました。
 
 
 
 
 
 

秋の大騒動=インやまぐち・あすか編

 長門峡での撮影を終えて下り列車撮影のため一路津和野へ。
今回は津和野城跡からPP編成をじっくり狙って見ようと思います。
 
 観光リフトの駐車場に着くとなんと、ほぼ満車状態。なんとか隅に愛車
を入れこみ、はやる気持ちをおさえつつ、いざリフトで頂上へ・・・・・。
 
乗り込む前に係の方がリュックに「すず」をつけてくれました。
そういえば、このあたり熊が出たとの話を、夏頃聞きました。
一時期立ち入り禁止になっていたとか?
そのための対策でしょうか?(ちょっと緊張)
 
 リフト終点から歩くこと10分。撮影現地に到着。やはりここから見る
津和野の町並みは最高です。
撮影者は約40名。以外に多くの方がカメラを構えられました。

      2010.10.16     9522レ     津和野~船平山
 津和野駅を出発して津和野川をわたるSL。ここから、しばらく「PP編成」の
サイドビューを見ることができます。
 

 津和野の中心街をゆくC57に引かれる「あすか」
隠れていたお日様もSL通過に合わせるように顔を覗かせてくれました。
 

忍者部隊?の方がちらほら見うけられます。
遠くから見ると煙の吐き具合がよくわからないのですが、どうなのでしょうか?
 

 多くのSLファンが待ち受ける本門前踏切にさしかかります。
本日の「煙」はいかがなものでしょう?
 

本門前踏切を通過し県境の白井トンネルにかけての連続勾配に挑むSLあすか

山陽路をゆく・トワイライト

 24系寝台車「トワイライトエクスプレス」編成が大口団臨で、山陽路を
下っていきました。
 
 九州ブルトレが廃止となって、客車寝台を撮影する機会がほとんどなくなりました。
この撮影地、ブルトレ撮影以来ひさしぶりにきましたが、平日にもかかわらず
20人近くのファンでにぎわいました。(びっくり)
 
 EF65PF車に引かれたトワイ編成ですが、やはり機関車と客車の塗装が
不一致なのは少し残念ですが・・・・・・・・。
 普段は日本海縦貫線として活躍しているスター列車ですが、やはりこの編成
「海」が似合いますね。
 
 しかしダークグリーン地にエンブレムを入れたデザイン、最高です。
地元で見れただけでも満足です。

     2010.10.22      9027レ      嘉川~本由良

秋の大騒動=インやまぐち・あすか編

 重連運転2週目。いよいよ「あすか」の登場です。
SL牽引では初めてなのでしょうか?
 
 今年の2月団臨で山口線に入りました。その時撮影に行ったのですが
やはり「あすか」の人気なのかすごい人でした。
 先週に続き朝早くか出勤。今回は長門峡に構えました。
ここは駅発車直後の重連の迫力を間近で撮影できるポイントです。
 
 予想以上の人手にびっくりすると同時に、SL人気も衰えていないことを
実感。うれしいかぎりです。
 
 しかし今回も、撮影マナーに関わる問題を色々耳にし、また目にもしました。
お互いあらためて考えたみたいですね。
 

      2010.10.16     9521レ     長門峡~渡川
 うーん煙がイマイチかなー
正直もう少し期待してました。ハイ。
 

 今回のイベントでは、脇役に徹してあまり目立たないC56160。
6月まではC57の代役として見事にSLやまぐち号の運転を支えてくれました。
スポットをあてて見ました。
 

 右前方かすかに見えるオレンジの制服の方。JRの社員さんです。
何時間も前から、SL通過時まで、列車の安全な運行のため、ずっと立って
いろいろ目を配られ、私たちにも注意喚起されてました。
 おかげさまで、大きなトラブルもなく楽しく撮影できました。
本当にお疲れ様です。
 

秋の大騒動線=インやまぐち

 途中徳佐に行くのをあっさりあきらめ、この高台ポイントに到着したときは
誰もおられず、一番乗りでした。
 持参の昼食をとり、しばし車で休息。あまりにも早いので、地福、鍋倉あたり
を視察。気になるポイントのチエックを。
 
 帰ってみると、地元の親子連れの方を含め5~6名になり、その後続々と
終結。最終的には、25人ぐらいになりました。
 
 このポイント、プチ俯瞰にはよい場所なんですが、みなさんご存知のように
電線と電柱の処理がネック。
色々考えて見たのですが、カットするのは「無理」みたい。
 
 とりあえず地福から名草へと至る大きなS字区間を走り抜けるSLを俯瞰して
無事撮影することができました。
 
 SL通過の前後下の県道を津和野方面で撮影終了された方の車がかなりの
スピードど駆け抜けて行かれました。お互い安全運転でいきましょう。
 

       前方の踏切りでも数名の方がカメラを構えておられます。
 

       おおきく穏やかに右カーブしSLが近づいてきます。
 

        2010.10.10     9522レ      地福~名草
       そして穏やかに左カーブし目の前を通過。緊張の連続です(汗)
      煙は、期待できないものの、高台から眺めるときれいなS字です。

秋の大騒動線=インやまぐち

 人出の多さが予想された今回の重連運転。
いつもより2時間30分早く自宅を出発。
わくわくして前の晩よく眠れませんでした。(まるで小学生の遠足です)
 6時30分頃仁保地のバス停を通過しようとしたら車が一台も止まってません。
「うーんどうしようか」悩みつつも、急きょ予定変更。(優柔不断)
正直違う場所での撮影を計画していたのですが、ここ18.5キロに決めました。
 
 現地に到着すると、三脚が一台あるのみ。前日からの置き土産のようでした。
それにしてもちょっと拍子抜けです。
もともとお立ち台は広くないのですが結局5人でした。
少し仁保寄りの18.6あたりには10人程度の撮影者。
やはり皆さん編成をきれいに収めるべく、長門峡か徳佐あたりに大集結
されたのでしょう。
 
隣の方が一言「やはり今週は思ったより少ないですねー、みなさんおそらく
来週が本命なんでしょう。」
「うそーこれ以上の人出、想像するだけで目がまわりそう。」
 
 煙はそこそこ出て満足な結果です。
(2週連続同じ立ち位置です。当然同じような画像となりました。)
 
しかしSL撮影何回撮っても、「ファインダーをのぞき、レリーズを押す瞬間」の
あのドキドキ感は体験した者でしか、わからないですね。

        2010.10.10     9521レ    宮野~仁保
 残念ながらこのアングルだとC56は、ほとんど姿は見えません。

         2010.10.10     9521レ    宮野~仁保
 
 うわさに聞いたのですが、徳佐、小河内等で撮影者どうしで、トラブルが
あったそうです。
 
 あくまで趣味としての、鉄道写真撮影ですからお互いマナーを守り、
大人の対応を心がけたいですね。
 
 
 

レトロ駅舎

 美袋駅に駅舎スタンプが設置されていました。
こんな田舎の辺鄙な駅(失礼)になぜ?
実はJR岡山支社が支社管内の風情たっぷりのレトロ駅舎9駅のスタンプラリーの
案内でした。
 
 パンフレットには9駅の見所が紹介されてあり、思わず手に取りスタンプを押して
しまいました。9駅のスタンプをコンプリートしたら抽選で「記念ホルダー」が
プレゼントされるそうです。
 
 駅前のおばちゃんが「パンフレットがすぐなくなるのですよ。今朝も電話をして
持ってきてもらった」といわれてました。
(※挑戦している人がそれなりにいらっしゃるのですね。)
 
 スタンプラリーにはこのキップ「秋の岡山県内お出かけパス」
一日地乗り放題で、大人1000円。とJRからの宣伝が・・・・・・・
確かに安いが、伯備・因美・津山・姫新各線区をまたいでいるため
かなりの労力が必要かも。
 
計画ぐらいはして見ようか(冗談)
 


 
 レトロ駅舎のひとつ美袋駅。
「みなぎ」と読めます?
ずっと「みふくろ」と思ってました。
難読駅のひとつとしてあげられているそうです。
 

念に駅舎全体を撮りた
っかたのですが、左側に軽トラが止まっていた
いたため、ちょっと残念ですが駅舎の一部を撮影。
駅舎のなかには自動改札がありなんとも不思議な取り合わせです。
 
 
 
 
 
「この建造物は貴重な国民的財産です」と書かれてあります
 
 
 
 

紅葉はまだですが秋の伯備線 その2

 天気も良かったので久しぶりにここ白鉄橋に・・・・
 
 今回は草ボウボウで足場も不安定でしたが、左側(内側)から撮って見ました。
 
 それにしても内側の木が伸びてきて段々撮りづらくなってきましたねー。
 
 同じ場所でも、イントアウトでは随分感じが変わってくるものですが、伯備線らしさはこのカットの
方がいいかも。(もう少し引くべきだったかな?)
 

      2010.10.7  ▲EF64 1041+コキ   3084レ  方谷~備中川面
 
 
 
 今春外側から撮った画像ですが時節柄なのか、竹、草の伸び具合が違います。 
      2010.3.25  ▲EF64 1047+コキ   3084レ  方谷~備中川面

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

白いかもめ

Author:白いかもめ
SLと地元の山陰本線を中心に日本の
原風景を求めて、撮影を楽しんでいます。
最近は音楽活動(ギター)を始めました。
いろいろ工夫をしながら両立を
図っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
SLやまぐち号 (161)
国鉄型キハ等の仲間たち (18)
伯備線 (16)
その他 (29)
団臨・配給車 (59)
山陽本線・貨物列車 (124)
山陽本線・旅客列車 (5)
SLクリスマストレイン・稲成号 (9)
風景 (16)
日豊本線 (3)
鹿児島本線 (2)
山陰本線 (61)
美祢線 (120)
予讃線 (2)
呉線 (2)
北陸本線 (4)
東海道本線 (4)
岩徳線 (1)
岡見貨物 (2)
トップページ (51)
ご挨拶 (1)
日田英彦山線 (12)
木次線 (3)
小湊鉄道 (9)
私鉄・第三セクター (1)
トワイライト瑞風 (8)
久大本線 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん