FC2ブログ

みねやんの音楽と鉄活動日記

いろいろなHM・・・・・広島車両所公開

 広島車両所公開・・・・前回の続きです。
 
 調子に乗ってたくさん撮ったため、もう1~2回お付き合い下さい。
 
 ところで「機関車展示コーナー」で、例年と違う最大の出来事は「EF65」が、ついに
姿を消したことですね。
 
 やはりEF65がいないのは、寂しい限りですねー。
時代の流れを感じます。
 
 昨年はEF65-104やEF64-67それにEF66-27号機などファンにとっては、こたえられない
バリエーション豊かな雰囲気だったのですが・・・・・
今年はちょっと寂しい展示でしょうか?
 
 それでもなつかしのHMが次々に掲出され、とにかく撮りまくってしまいました。
 
 おかげで「機関車吊り上げ実演」をすっかり見逃して・・・・・がっかりです。
 
 

 
            ブルトレと言えばやはり「あさかぜ 」でしょう。
          どう見ても風格が違いますねー。

 
 

 
 

 
 

 
 
           九州ブルトレの最後を飾った、通称「ふじぶさ」です。
         デザイン的にはお気に入りだったのですが・・・・
 
 
 
 

 
 このEF66-1号機は、広島車両所の「とある場所に」大事に保管されてるようです。
一年に一回この日だけ、お披露目ということでしょう。

 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



「ママ鉄」「子鉄」の多さにびっくり・・・・広島車両所公開

 恒例の弟18回JR貨物フェスティバル=広島車両所公開が10月23日(日)に開催されました。
 
 別に急いでいくこともなかったのですが、つい癖が出てしまい時間前から並ぶ破目に。
しかし結構な行列でしたねー。
 
 何がびっくりかと言うと「ママ鉄」「子鉄」の予想以上の多さです。
一昔前までは、子供をこういう鉄道関連施設に連れて行くのは父親の役目?
の傾向が高かったのですが、最近では若いお母さんがのみが、子供をつれて来られるようです。
しかも自らも熱中されたりして。
 
 新幹線とかならわかるのですが、貨物列車(機関車)というとどうも、お子様・若い女性には
なじみにくいイメージがあったのですが・・・・・・・
 
 ここ最近の鉄道ブームを盛り上げているのは、「鉄子」の存在に他ならないですね。
カメラもコンパクトではなく、一眼レフの女性も多かったです。
 
 お子様の鉄道好きの相手をしているうちに、ご自身も鉄道好きになってしまった・・・・・
こんなママ鉄さんの進出が、鉄道趣味の新たな可能性を高めているような気がしてます。
 
 
 

 
 大好きなDD51が入場してました。近くでジックリ見れて大満足でーす。

 
 うーん「かっこいい」この一言に尽きますね。
やはり国鉄型・国鉄原色はいいです。

 
EF66の100番台は、さらりと見学(笑)

 
 
 EF66のゼロ番台のナンバープレートが販売されてました。
お値段は250,000円でしたが、私は収集の方はあまりやりませんので、価値として
この値段が高いのか、安いのかよくわかりません。
 
 複数の入札があればあとで抽選ということらしいですが、確かに買われてる方もいましたね。(汗)

 
EF65-119号機のプレートが出てましたが60,000円でした。
一瞬ですが悩みました。すぐに現実に戻り見学のみということで。

 
 

秋の「セノハチ」

 今なお補機が活躍する、山陽本線の難所「セノハチ」です。
 
 ここ「瀬野~八本松間」は西の箱根とも呼ばれるほどの峠超で有名ですね。
連続勾配と急カーブの連続で22.6‰を、重量貨物列車には今なお後押しの後部補機が
必要です。
 
 EF67に「HM」が付いてるということで、天気もいいしちょっと気分転換をしてきました。
 

   Sカーブに建つ、16.7の勾配表を横目に見ながら懸命にプッシュするEF72-2号機
 
 

 
 
 EF67-1に「第18回JR貨物フェスティバル」・広島車両所公開のHMが付いてました。
珍しくEF67がワン・ツー・スリーで勢揃いです。

 
 
         西条駅で開放され、広島貨物ターミナルへ単機で戻るEF67-1号

 
  
 ここ川上西トンネル東側のSカーブは蒸気機関車の時代から有名なポイントですね。

      2011.10.20     2072レ     ▲EF67-3  〔広〕      瀬野~八本松
       
          
          あららー この時季15時頃になるとここも残念ながら陰となってしまいます。
         本日輸送障害のため、下り列車は遅れ多数。列番がよくわかりませんでした。
       
          突然現れたため慌ててシャッターを押しまくり・・・・・

         2011.10.20  列車番号不明   ▲EF210-107 〔岡〕   八本松~瀬野

泣いても、笑っても重連運転最終日

  5週10日間に亘った2011年度重連運転も、いよいよ本日が最終日です。
 結局毎週出かける羽目に・・・・やはり重連の魅力には勝てません。
 
  個人的には、風に悩まされた重連運転でしたがいろいろな方とお話もでき
 楽しく撮影をすることができました。
 
 最終日は煙を求めてここへ・・・・
 
  昨日はC56の不調により「DD」が代役だったようですが、どこも爆煙のようでした。
 「本日もよろしく」と心の中で願ったのですが、結果はちょっぴり寂しい煙かな?
 
  ちょっと広角気味に構えすぎて、上が開きすぎですね。
 もう少し煙が入る予定だったのですが・・・・・・
 

                   2011.10.16    9521レ   SLやまぐち号    
 
 
 
返しは津和野のお山から。

  いつも民家のあたりまで来ると煙が進行方向右側に折れていたのですが、本日はわからなーいです。

 
 
それにしてもC56の煙は薄いですねー。

 
  C56にも敬意を表してアップで一枚・・・・・
 またクリスマスに会いましょう。

    
 光線状態がチョッピリ悪かったのは残念だったのですが、最後に何とか12系客車とPPのC56が
ゲットできたので、満足してます。
 来月に入るとここらあたりも、きれいに紅葉してまた多くの観光客が訪れることでしょう。

 撮影日: 2012.10.16
 撮影地: 津和野~船平山
 

黒い物体は、紛れもなく「やまぐち号」だった

 長門峡をちょっと違うところから俯瞰して見ました。
しかし現れたやまぐち号は、煙でまさしく黒い物体化となり目の前を通過。
 
 あっというまでよくわからなかったのですが、あとで確認して見ると・・・・
「C56」はどこ?  「12系客車はほぼ煙で全滅」まさしく撃沈でした。
 
 ごらんのように煙がいわゆる順光側に折れてしまい、編成の大半が煙の餌食に・・・
 
 あっさりスカのほうが後ろの客車やC56の姿がクッキリ見えてよかったかも(笑)
 
 まあー自然の法則には勝てませんなあ。
 
 紅葉のシーズンに再チャレンジしてみます。
 
 それにしても今日は、晴れてはいたのですがどうも視界がすっきりしない天候でしたね。
黄砂ではなかったようですが、ちょっと撮影意欲が低下してしまいます。
 

      2011.10.9     9521レ    SLやまぐち号    長門峡~渡川
 
 
 気を取り直して午後の撮影に・・・・
 
 下りの撮影地で顔見知りの方にお会いして、返しの撮影をご一緒させてもらいました。
 
 やはり「連れ」がおられると、目的地に行くまでも心強いし、SL通過までの待ち時間も
いろいろお話もでき、いいですね。
 

 
 
  「あと追い」は完全な半逆光になるため、カメラ設定が難しいですねー。
キハ通過時、何度かためし撮りしてみたのですが、どうもうまくいきません。
  
 ちょっと日差しが強すぎたためか、結局いい色が出ませんでした。 

 
  山の緑の色がなんとも微妙~

 
 
   撮影結果はともかく、撮影に至るまでのプロセスを、これからも大事にしていきたいと思います。
 
   今日は充実した楽しい撮影ができたので、「よし」とします。
 

           2011.10.9     9522レ    SLやまぐち号    津和野~船平山
 

PPの撮影は本当に難しい・・・・

 重連運転2週目に入りましたが、朝からどんよりとした曇り空でした。
 
 曇ったら「ここ」と決めていたので、以前からお約束していた撮影仲間と筋力
トレーニングです。
 
 現地では予想外に撮影者は少なく十分な撮影場所は確保できました。
SL撮影で時々お会いする「とあるお方」にもひさしぶりにお会いでき、いろいろ
お話をさせてもらいました。
 
 撮影結果云々より、SLを待っているこの時間がまさしく「至福のとき」です。
 
 さてやって来た重連やまぐち号ですが、煙がそこそこ出てたので12系客車
に少々かぶさりましたが・・・・
 
 まあまあいい感じで撮れたかな?

 

 撮影日:2011.10.2
 撮影列車:9521レ・SLやまぐち号
 
 
 返しは先週からの課題克服のため、再度挑戦です。
さて結果は・・・・
 
 顔を覗かせてしばらくは、「今日はいける」と期待を持たせたのですが、シャッターチャンス
地点では、予想通り煙が・・・・
 
 ご同行の方曰く、「どうも毎回おなじ地点に来ると煙が折れる。」とのこと
 
 原因はいろいろあるのでしょうが「SL撮影は奥が深い・・・」
 

 
 今日も風のイタズラが・・・・・

 煙の隙間からC56の姿がわずかに見えます。
また来ないといけないかなー?

  撮影日:2011.102
  撮影列車:9522レ・SLやまぐち号  
 
 
 

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

白いかもめ

Author:白いかもめ
SLと地元の山陰本線を中心に日本の
原風景を求めて、撮影を楽しんでいます。
最近は音楽活動(ギター)を始めました。
いろいろ工夫をしながら両立を
図っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
SLやまぐち号 (161)
国鉄型キハ等の仲間たち (18)
伯備線 (16)
その他 (29)
団臨・配給車 (59)
山陽本線・貨物列車 (124)
山陽本線・旅客列車 (5)
SLクリスマストレイン・稲成号 (9)
風景 (16)
日豊本線 (3)
鹿児島本線 (2)
山陰本線 (61)
美祢線 (120)
予讃線 (2)
呉線 (2)
北陸本線 (4)
東海道本線 (4)
岩徳線 (1)
岡見貨物 (2)
トップページ (51)
ご挨拶 (1)
日田英彦山線 (12)
木次線 (3)
小湊鉄道 (9)
私鉄・第三セクター (1)
トワイライト瑞風 (8)
久大本線 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん