FC2ブログ

みねやんの音楽と鉄活動日記

紅葉狩りに行ってまいりました

 秋も深まり各地で紅葉だよりも聞かれはじめ、場所によってはボチボチ散紅葉になってるところも多い中
本日は、天気もよさそうなので家族サービスでモミジ狩りに行ってまいりました。
 
 毎年この時期、結構こまめにあっちこっち行ってるんですが、今年はブログ友の「wingoodさん」の記事を
参考に、徳地の「重源の郷」と「瑠璃光寺・五重塔」に行ってみました。
 
 
 朝一発目は「重源の里」だったのですがさすがに県内では、山里奥深い地域のためか、紅葉のピーク
は過ぎて、モミジも落ちてしまったり、変色が進んでで少々残念でした。
 
でもノスタルジックな里山で時間を忘れ昔懐かしい山村風景を満喫でき、心の洗濯となりましたね。
 
しかしここのわらぶき屋根の風景はよかったなあー
 
おまけに先着100名様にお餅のサービスもありラッキーでした。
 

 

 

 

 
 
 
 
このあと仁保の道の駅で豪勢な?昼食をとって瑠璃光寺五重塔へ・・・
 
 いつもSL撮影ではここの前の道を通って往復してるのですが、こちらに立寄ることはまずありませんでした。
小学校の遠足で来たのが最後かな???
 

 
天気予報は外れ昼からは残念ながら曇っちゃいました。

 

 
 
めずらしい気に遭遇しました。
サルスベリの木の途中から松の木が大きく育っていますねー
 
以前NHKテレビでも放送されたらしいんですが、すごい生命力ですよね。
 
 猿も滑るといわれてる、つるつるの「サルスベリの木」に「滑り止め粉」にも使われてる松が生えたことから
受験を控えたお子様の合格祈願をと訪れる方も多いとか・・・・
 

 

 
スポンサーサイト



青野山俯瞰・・・その後

 前回の続きなんですが青野山俯瞰を終了して本来ならせっかくなんでゆっくりして降りるところなんですが
昼食も撮らず、次の目的地へ行くべく下山開始です。
 
 
 前日からの雨と、この時期特有の落ち葉で登山道の丸太柱が濡れて、足を滑らせる恐れがあるので
慎重にいろいろ回り道をしたりしながらの、下山のためか一気に体力使い果たしました。
 
山から下りるのに、こんなに気を使い疲れたのは初めてです。
 
 
 下山し始めて、すぐに股関節が痛くなりおまけにやや弱点の、ひざにも痛みがまわり「やばいなあー」っと
思っていたんですが、なんとか登山口に到着。
 
しかーし安心するまもなく、次の目的地へ・・・・
 
 
ここは岡見貨物用の撮影地なんでしょうが、今となってはキハも貴重な被写体となります。
 

 

 
 
        これはまさしく岡見貨物用の撮影カットアングルですよねー

 

 

 

 
紅葉もだんだん進んできましたー

 
3004レですが、陰陽連絡コースとしての重要性がますます高まってゆくことでしょう。

 
 
ここの製材所を俯瞰する場所から疲れた体に鞭打って下山です。
 
 案内役のきゅーさんも足取りが怪しげ・・・
後を歩かれてるタブさんも、いつもより毒舌が少なめだったのですが、自分を含め皆さん、さすがにお疲れ
の様子です。
 
 
残念ながら通過の10分前にレールのお日様は陰っちゃいましたね。
 
おまけに背後では草焼きが開始されました(爆) しかたないですけどねー
 
これにて長くて短かった撮影会は終了です。
 
 

撮影日:2013.11.16
撮影列車:9745D
 
 
 

青野山俯瞰

 山口線部分開通に合わせて、さすがに始発からは無理にしても確かなレールの響きをこの目・この耳で
確かめようと、選んだのがなんと津和野のシンボル青野山からの俯瞰です。
 
 
 標高907mの独特の丸い山で360度展望が効くため頂上からの見晴らしは絶景らしいですが、鉄道写真
撮影はまた違うらしい・・・
 
 
 案内役のきゅたろーさんの先導で朝7時過ぎから登り始めたのですが、前日からの雨と、季節柄,落ち葉が
足元に敷き詰められて、足元が滑って歩きにくい中約80分で目的地に到着。
 
重たい荷物を抱えての、山登りはいやーこたえますなー
 
でもキツイ思いをして登るだけの価値があるまさしく絶景ポイントでした。
 
 高さがあるだけに、視界が抜けないとまったく線路が見えないことも結構あるとのことですが、今日はまあー
よく見えてる方なのかなー??
 
 
※年配の方はこの画像を見るにあたっては、拡大鏡をご用意ください。
 
 朝、8時頃は津和野の街並み含め雲海であたり一面覆われていましたが、画像のように時間が経つにつれて抜けてきました。

 
 
 夏の時季には見ることはできないらしいですが、樹木の葉っぱがほぼ落ちてるこのシーズンでは、津和野駅に
留置してある、キハが望めました。

 
 約4か月ぶりに姿を現した、スーパーおき1号です。
SL撮影時はあまり撮ったことなかったのですが、今日ばかりは貴重な被写体ですよね。

 
        広島色の40系ですが、このぐらいの大きさだったらカツガツわかるかな?

 
トンネルを出て茶畑を横目で見ながら、青野山駅に滑り込む、生たらこ色のキハ40系。

 

 
眼下正面には、山陰本線、青野山駅が見えますが、肉眼でも日原駅あたりまで見渡すことができました。

 

撮影日:2013.11.16・山陰本線・津和野~益田間開通日

祝・山口線部分開通

 7月28日の大雨の影響により普通になっていた、津和野~益田間が本日11月16日始発より運転再開と
なりました。
 
 生活の足はもちろん観光・経済に大きな役割を果たしている山口線の津和野以北の開通を、この目で
しっかり焼きつけようと、日頃からお世話になっている、タブレットさん・きゅたろーさんと沿線に出かけてきました。
 
ちょっと今回は俯瞰気味な場所が多く、1~2回に分けて公開して行きたいと思います。
 
いやー久しぶりに疲れたというか、足ガクガク・クタクタになりました。
 
 
 
  「特急スーパーおき号」も走り出して今まではあまり見向きもしなかった、列車群にも今日は気合を入れて
撮ったのですが、40系一両のキハも風景に溶け込んで、こりゃまたまたいいものですねー
 
まあーこれをひとつのきっかけに復興へ向けて、沿線の一日も早い復旧を願うものです。
 

  撮影日:2013.11.16
  撮影列車:9762D
 

夜明け・・・・ゼロロク西下する

今日は早朝、ゼロロクの24号機が西下してるようなので、ちょっと早起きして朝練してきました。
 
 昨夜からの雨が早朝まで残り、空には厚い雲が立ち込め、7時過ぎてもあたり一面まだまだ暗ーい、なか
24号機はやって来ました。
 
ISO感度を精いっぱいあげて、シャッタ速度を稼いだのですが、さすがに厳しかった・・・
 
 
それにしても線路端からじっくり見てると、ゼロロクも色落ちが激しく痛々しさが隠せませんねー
 

撮影日:2013.11.15
撮影列車:8869レ・牽引機・EF66-24
 
 
 
 
 その後本日はラッキーなことに、吹田の210の運用に27号機が入ってるようなので、一旦帰宅して
再度同じ場所から・・・・
 
さすがに10時ごろになると、空も明るくなりやっと気楽に撮影できる条件になりました。
 
 まあーここは午前中は元来お日様の条件は悪いので曇っても関係ないのですが、せっかくの熱いカマなので
順光で撮れる場所から狙うべきでした。
 
でも近くで、そんな都合のいい場所は知らないのですが・・・・
 

撮影日:2013.11.15
撮影列車:5053レ・牽引機・EF66-27
 
 
 
 
 さらに今日は金曜日なので早朝、幡生まで下った24号機がまた上ってくるはずなので、昼食を食べて
急いで本日3回目の捕獲に来てみましたが、この時間になるとサイドには日が射して、いい感じかな?
 
 単機でやってくるものとばかり思って構図を決めていたら、後ろにレールチキが、ワンユニットぶら下がって
いました(爆)
 
もう少し奥で切り取った方がよかったかも?
 

  撮影日:2013.11.15
  撮影列車:8868レ・牽引機・EF66-24

雨にもマケズ・・・・

 「がんばろう山口・津和野号」2日目ですが、天気予報通り、朝からあいにくの雨になっちゃって、チョッピリ
テンションは下がり気味です。
 
 とりあえず待ち合わせの仁保駅に行ってみると、本日は昨日のメンバーに加え、タブレットさんの知り合いで
佐賀から参加の「LMさん」、「Kさん」とも合流して、しばらく歓談というか、本日のミーティング・・・・
 
 
しかーし願いもむなしく、


雨脚もモヤモヤも、いっこうに改善の兆しはありません。
 
予定ではプチ俯瞰だったのですが、ちょと厳しそうです。
 
 判断が非常にむつかしいところだったので、ギリギリまで待って結局、きゅうーさんの一言「線路端でいきま
しょう」で、
御一行様は仁保駅手前の撮影地に移動です。
 
移動の最中も現地に着いても、雨の勢いは全く衰えず、とても撮影のレベルじゃないですねー
 
おそらく一人だったらパスしてたでしょう。
 
 
 白い靄が立ちこめた見通しの悪い中を定刻にやって来たC56号機ですが、いつもの力強いドラフト音も
ほとんどなく、すごいスピードでアッという間に駆け上って来ました。
 
おそらく空転防止のため後ろのDD51が相当の仕事をしていたのでしょう。
 
雨の中厳しい条件で待ったにしては、やや消化不足かな??
 
それにしても雨とモヤモヤで画像はノイズがいっぱい出て、仕上がりはちょっと


です。
 

 
引きつけて広角気味に狙ったのですが250分の1では厳しかったかも・・・・
被写体ブレになっちゃってます

撮影日:2013.11.3
撮影列車:9521レ・がんばろう山口・津和野号
 
 
 
 
 
 こうなったらヤケクソ
、即撤収して予定撮り渡川付近に行ってみると、

悪天候のためか昨日とは違って
まだ誰もいない状態だったので、ほぼベストポジションにとりあえず三脚を置いて待つことに・・・・
 
 
 
 しかし午後に入っても相変わらずの悪天候で
、いろいろ周りをロケハンしてみるものの、結局天気は回復
しないだろといことで直前に、きゅーさん、DFさんのご子息が構えていた隣へ急遽乱入です。
 
 ここら一帯、昨日は煙がよく出てたらしいですが、今日も渡川駅過ぎから、煙モクモクでドレンもいっぱいの
大爆煙ショーだったようです。
 
残念ながら3人は、ドレンの吐く音を聞いて、高く舞い上がっている煙を指をくわえて見てるだけ・・・・
 
 DD51ファンとしてはぜひ回送列車をアップ気味に編成を入れて撮っておきたいという願いから
こちらに構えたのですが、予想外の煙でうしろの客車が見えなーい・・・・
 
 あれだけのサプライズがあったのなら、定番地で撮るのもよかったかもと思うものの、こりゃいつもの
あとの祭りでしたね。
 
 でもいろいろあったものの楽しい
2日間の撮影でした。
やっぱし撮影は結果も大事ですが、楽しくなきゃ・・・・・・
 
今回ご一緒させてもらった方々、


沿線でお世話になった皆さんお疲れ様でした。
 

 
 ここのポイントで編成を入れて、カシャカシャの予定が、煙で隠れちゃいました(汗)
でもめったに見れない編成でこれはこれで、面白いカットかも。

撮影列車:回9522レ

SL復活・・・・復興応援の汽笛が響きわたる

7月の記録的な豪雨により運行休止になっていた、山口線のSLが限定運転なんですが復活しました。
 
 転車台の問題や燃料等々数々の難題を克服して、運転再開に向けてご努力された関係者の皆様には
本当に頭が下がります。
 
 SLといえば山口線という県民の、また災害にあわれた沿線の方々の、誇りを担い山口線の全面復旧に向けて
「復興のシンボル」のSLは沿線各地で、大きな歓声を受けながら走り始めました。
 
 
 
 ひさしぶりの撮影ということで前日から、少々興奮気味だったのですが、いつもより早めに仁保界隈のとある
場所に集合。
 
 かなり霞んだ天候だったので、線路端で撮ろうということに決定して、こちら大引越トンネル~小河内トンネル間の走行を狙って見ました。
 
 
 SL撮影ではいつもご同行させてもらってる、タブさん、きゅーさん、そして宮崎から参加のKさん、大阪のTさんのご子息のT君の5人での撮影会でしたが、ワイワイガヤガヤと冗談飛ばしながら、いやー待ち時間もまったく
苦にならず楽しいひとときでした。
 
 
 定刻に姿を現した「がんばろう山口・津和野号」ですが、ちょっと張り切りすぎたためか?トンネルを出て
空転を起こしちゃいましたー
 
ほぼ一旦停止状態から態勢を立て直すので、煙もまた一から出直し状態・・・・
 
せっかくいい感じで来ていたのに、あまり贅沢は言えないのですがちょっと残念でしたね。
 

 
        毎度の反省でカメラをもう少し上に向けるべきだった・・・・(汗)

 
        ここらあたりを狙ってたんですが、煙も段々しりすぼまり状態に・・・・

 
 
  この時期晴れるとほぼ逆光状態で撮影的には厳しかったのですが、煙に強い光線があたって
こりゃまた微妙な色になりますねー

 
この広角カットはご同行の皆さんに、散々冷やかされた?カメラで撮った画像です。

撮影日:2013.11.2
撮影列車:9521レ・SLがんばろう山口・津和野号
 
 
 
 
 
 さーて返しですが今度は、大好きなDD51が頭になり、C56はうしろ向き回送列車になるということで
どん曇りの薄暗ーい天気だったのですが、こちらの峠から。
 
 関西在住のTさんも合流して、最終的には10人ぐらいになったのですがフィールドも広くまったりと
待つことができましたね。
 
 定期運行の時は俗にいうケツ打ちなんですが、今回はいつもと違う景色とはいうものの、来週あたりだったら
もう少し紅葉もあって、いい感じなんでしょうが・・・・・
 
 DD51がトンネル侵入時に「ピイー」っという甲高い音が山間に響き渡ったのを聞いて今回の撮影は終了
です。
 
うわーこの汽笛いつ聞いてもいいなあー
 
ご同行の皆さん、沿線でお会いした皆さんお世話になりました。
 

 

撮影列車:回9522レ
 

ぶちきつかったあー

 最近俯瞰撮影をしてないためかやや体が
鈍り気味のため、本日チョッピリ早起きして、近くの山に登りに
行ってみました。
 
もちろんカバン
にはカメラを入れて・・・
 
ただ本日は三脚は持たずレンズも望遠一本、そして脚立を持参です。
 
 
 この山、20数年前の青春時代
真っ只中の若き頃、レクレーションで女性を誘って
多くの仲間とここに
登った覚えがあります。
 
 当時はもちろん写真撮影には興味もなく、眼下に線路があり汽車が走ってることさえまったく目もくれず、ただ
みんなでワイワイ騒いだという記憶しかありません。
 
 
 体力は当然衰えてるのですが、案内板によると標高は619.6m、山頂まで70分の道のりでしたが
意外にきつかった・・・・
 
 
 おまけに水を忘れたので、喉も乾いて途中でやめようかとも考えたのですが、なんとか頑張って登り切り
ましたが、頂上からの眺めはやや光線も
弱く、視界もあまりよくはありませんでした。
 
 
リベンジするかな? きっとしないと思う・・・・
 
まあー山の天気は難しいです。
 

  撮影日:2013.11.6
  撮影列車:856D
 

撮影列車:865D
 

撮影列車:856D
 

  撮影列車:863D
 

山陰本線・4連キハ

思うところがあり、カメラを買い足しました。
 
 以前にもコメントしたように、懐かしの「ちどり号」を撮りに、芸備線の山に行って突然の故障・・・・
めったにないのでしょうが、泣くに泣けないですよね~
 
 やはりサブ機は持ってた方が安心だし、二台体制だとSL撮影時にはアングル的に幅が広がるようようなので
出費多難な折なんですが、思い切って買っちゃいました。
 
なかなか決断できなかったのに、背中を押してくれた方々に感謝です。
 
どちらがメイン機になるかは、今後の使い勝手によるのでしょうが、早く慣れたいと思います。
 
 
 まあー当然メーカーが一緒なので、基本的な違いはないのでしょうが、ひさしぶりのSL撮影を前に、早朝
ちょこっと試し撮りに行ってみました。
 
デビュー戦は、「がんばろう山口・津和野号」になります。
 
山陰本線も早朝の通勤・通学時間帯にはキハの4連が走るようなのでターゲットはこれで・・・・
 

撮影日:2013.11.1
撮影列車:857D
 

撮影列車:821D
 
何本か撮って使って見ての感想は、
「別に変らんじゃん」
 
まあー天気がよかったので、どれで撮ってもそこそこ撮れるのかも・・・・
 

撮影列車:850D

SL復活

 朝晩冷え込みが厳しくなったと思ったら、早くも今日から11月で当然のことながら、今年も残すところ
あと2か月・・・・早いですねー
 
 あの忌まわしい7月の豪雨災害から3か月、鉄道に関しては復興は目に見えては進んでないものの
津和野以北の部分開通の見通しも立ってきたようで、少しずつ以前の姿が戻って来てるような気がします。
 
復興のシンボルとして11月2.3日に「がんばろう山口・津和野号」が地福折り返しですが運転をされます。
 
 いろいろ技術的な課題もあったものの、山口・島根両県の観光のシンボル的存在のSL列車が運転
されることは、喜ばしいことですね。
 
運転再開に向けていろいろご尽力された方々に感謝したいと思います。
 
ということで今月のトップページはSLやまぐち号です。
 
画像は3年前の、C57-1の牽引ですが来年はこの勇姿を見ることができるだろうか???
 

        撮影日:2010.11.7
        撮影列車:9521レ・SLやまぐち号
 
 
 
 
 

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

白いかもめ

Author:白いかもめ
SLと地元の山陰本線を中心に日本の
原風景を求めて、撮影を楽しんでいます。
最近は音楽活動(ギター)を始めました。
いろいろ工夫をしながら両立を
図っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
SLやまぐち号 (161)
国鉄型キハ等の仲間たち (18)
伯備線 (16)
その他 (29)
団臨・配給車 (59)
山陽本線・貨物列車 (124)
山陽本線・旅客列車 (5)
SLクリスマストレイン・稲成号 (9)
風景 (16)
日豊本線 (3)
鹿児島本線 (2)
山陰本線 (61)
美祢線 (120)
予讃線 (2)
呉線 (2)
北陸本線 (4)
東海道本線 (4)
岩徳線 (1)
岡見貨物 (2)
トップページ (51)
ご挨拶 (1)
日田英彦山線 (12)
木次線 (3)
小湊鉄道 (9)
私鉄・第三セクター (1)
トワイライト瑞風 (8)
久大本線 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん